革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

イソフラボン+運動をおすすめします         

女性らしさを維持する、毎日を若々しくすごすため女性にはかかせない健康食品となっている大豆イソフラボン

食事をバランスよくとり、大豆食品を取り入れ摂取することでもその効果は期待できるのですが、
イソフラボンの効果をさらにあげるには適度な運動をプラスしてあげることがポイントなのです。
とくに女性は加齢により女性ホルモン(エストロゲン)が減少してきますが、それにともない骨の密度も弱くなってくるのです。
エストロゲンによって守られていたカルシウムが外に溶け出してしまうからなのです。

とくに閉経後になりますと急に骨密度は低下し骨粗しょう症になりやすくなるといわれています。
こういったカルシウムの流出を抑制させるためにはこの大豆イソフラボンがよいとされています。

さらに運動をすることで骨も成長していきますので、
適度な運動を続けていくと体にはよい効果が期待できるのです。
そもそも運動をしてきた人は大骨量も多くしっかりしているのですが、
運動をやめてしまった人はどんどんもろくなっていきます。
ですから若い頃運動をしてきたからそれでいいやと、
年を重ねることを理由にしてやめてしまうと結局骨自体も弱くなってしまうのです。

ですから走れとは言いません。
軽いウォーキングで骨や筋肉を日常的に動かすことで大骨量の減退も抑えられ、
イソフラボンのカルシウム流出防止効果で骨を健康に維持できるというわけです。

またイソフラボンにはそういった流出を防ぐだけではなく、骨自体を作る効果もあるとされています。
日本人は欧米にくらべ、カルシウム吸収率の一番高い乳製品をとることは量を比較してもとても少なく、欧米は50%以上なのに対し30%ほど。
しかし骨は強いのはなぜかを調べてみたところ大豆食品を多くとっていることが理由にあがってきました。
もちろん最近の研究では骨を造る作用があるということも証明されています。

ですから日々バランスよく大豆食品を摂取し、適度な運動をすることが閉経後も若々しく元気に生活できる最大のポイントになってくることでしょう。
こちらにはイソフラボンと同時摂取で効果がある成分というのが紹介されています。
イソフラボンだけを摂っても嬉しい効果はたくさんありますが、他の成分と組み合わせることでさらに得られる効果も増えますので、相性の良い成分と一緒に摂取することをおすすめします。